通信制大学で学びたいことを学びましょう!

自分で選べる通信制大学

通信制大学は社会人になってから入学するかたが多いです。学生時代は親の意向、家庭環境などで自分の希望する大学に行けない方もいます。たとえば心理学を学びたいと思っても受験に失敗したりとか…。理想と現実は難しいものです。そういう方は通信制大学という選択があります。学費も低く入学試験も書類審査など入りやすくなっています(単位取得が難しいですが)。科目も通学制に同じ科目が提供されるので、自分が学びたかった科目を学ぶことができます。

スクリーングもインターネットで参加できる

通信制大学は単位取得するための科目テストがあります。科目テストを受験する前に、テキストで学びレポート提出して合格、または会場スクリーングを必須としている大学もあります。会場スクリーングは主要都市に多く、朝から夕方まで数日間集中して学びます。そのため、遠方の方はスクリーングがネックになることもあります。最近はインターネットでスクリーング参加できるところもありますので、自分にあったところを検討しましょう。

編入制度を利用しましょう

通信制大学といっても卒業するために取得する単位は通学制と同じです。あたりまえですが通信制大学は自分で勉強する!という自己管理力がないとなかなか単位取得は難しいです。なので、もしも希望する大学に編入制度があり条件を満たしていたら利用しましょう。短大卒、専門学校卒などの場合、卒業証明書を提出すれば編入制度が認められ、その分単位が免除になる大学もあります。少しでも単位は少なくして自分が学びたい科目の単位取得に専念しましょう。

通信制大学とは、郵送やテレビなどの通信手段を利用して学習を行う大学のことを指します。教育学や社会科学など、専攻分野は文科系のものが中心となっています。