これで安心!?信用取引のリスクを理解して安全取引

まずは信用取引の正体を暴く

金融教育が無い日本では、金融の知識は自分で勉強する事が鉄則ですよね。自分で投資を始めたりすると自然に知識は身につきますが、実際全く知識が無い状態で投資を始めるのは怖いですよね。更に信用取引ともなると、漠然とした怖さもあると思います。しかし、その仕組みさえ理解すれば、どの程度のリスクがあるかも分かってきますので、自分が取れるリスクの量も分かってきます。ここまでくれば、取引に参加しても大丈夫なレベルと言えます。

信用取引のメリットとデメリット

信用取引を一言で言えば、実際よりも大きな金額を動かせる取引、となります。例えば手持ち資金が10万円で投資を始める場合、一般的な取引であれば、当然10万円以内の額の投資しか出来ません。しかし、信用取引は10万円を担保として預け入れ、100万円や200万円の取引が可能なのです。金額の不足分は、信用で取引するということなんです。つまり、少額で大きな額の取引が出来ますので、短期的に大きな利益が狙える半面、大きな損もする可能性があります。これが、ハイリスクハイリターンと言われる所以なのです。

外国為替証拠金取引が有名です

信用取引といっても、いくつもの種類や銘柄がありますが、最も有名な信用取引としては、外国為替証拠金取引があげられます。各国の通貨を投資対象にした取引で、実際の投資金額に対して最大で約25倍の取引が可能となっています。為替は実態経済に最も近い取引で、社会や経済の勉強に役立つことから、社会人に大変人気の取引となっています。また、平日であれば24時間取引可能なことから、主婦層にも根強い人気を誇る取引です。もちろん初心者にもお勧めの取引だといえます。

信用取引とは個人や会社の信用によりその対象が用意できる資金より多くの株式投資を行うことです。FXなどがこれに該当します。