しっかり押さえて!相続税の相談を行う際の税理士選びのポイントとは

まずは税理士を探すためには

多くの不動産を保有する人にとって、自身の死後のことを考えるなら相続税対策は必要不可欠です。しかし自身だけで対策を行うことは難しく、場合によっては誤った対策によって総合的な納税額が増えてしまう可能性もあります。そのような事態を避けるためにも、まずは信頼できる税理士探しを行う必要があります。まずポイントとして挙げられるのが、実力のある税理士を探せるかという点です。ホームページなどで情報を掲載している税理士は多いですが、実際に話してみないと人となりなどについてはわかりづらいことがあります。多くの税理士事務所では無料相談などを行っているため、自身の保有している財産などについて相談し、信頼できる税理士を見つけることが重要です。

顧問契約を結ぶ前のポイント

ある程度信頼できる税理士が見つかったら、次は顧問契約に関する点です。一時的な相続税対策や相談であれば顧問契約などは必要ありませんが、継続的に依頼する場合は顧問契約が必要となります。その際月額や年額での契約になりますが、ある程度税理士の裁量によって報酬を決めることができるので、相場から大きく外れて高額な場合や、逆に安すぎる場合などはその場ですぐに契約せず、家族や他の税理士に相談しておくのもお勧めです。

場合によっては税理士の変更も

顧問契約を結び、相続税対策を依頼してみたものの、なんとなく自身に方針などが合わないことがあります。そのようなときは思い切って税理士を変えてみるのも一つの手です。その際引き継ぎなどで税理士同士の打ち合わせを行うこともあるため、急に顧問契約を一方的に打ち切るのではなく、しっかり話しておくことも重要です。このように相続税の相談を行う前、行った後に押さえたいポイントは数多くあります。申告時に困らないためにも、しっかり押さえておくことをお勧めします。

今般、相続税の税理士といわれる税理士に脚光が浴びせられているのは、ある意味において当然のことといえます。