パタンナーになる近道は専門学校に通うこと!

パタンナーってどういう仕事?

服飾、ファッションに興味のある人ならピンとくる職種かもしれませんがあまり興味のない人の場合、パタンナーってなに?と思う人が多いんじゃないでしょうか。パタンナーは、ファッションデザイナーが作ったデザインをもとに型紙(これをパターンと言います)に起こす仕事を言います。服を作る時に型紙がなければ服を作ることは出来ないので服を作るためには必要ですよね。この型紙の作成や製品にするための作業全般がパタンナーの主な仕事です。

パタンナーに必要な資格はない

パタンナーになるには、必要な資格があるの?とパタンナーを夢見ている人は気になりますよね。なんと、パタンナーには必要な資格はありません。なろうと思えば誰でもなれる職業なのです。でも、企業としては熱意だけあっても未経験の人を採用するほど甘くはありませんよね。多くの企業は、服飾の大学、短大、専門学校を卒業した人が採用対象になります。パタンナーには高度な技術と人体の構造、素材や生地、糸などの特性を必要とします。

短期間で集中的に専門分野を学ぶ

専門学校のよさは、短期間で専門分野を学べることですね。専門学校では、それぞれ専門分野の先生がいるので詳しく学ぶことが出来るし、実習も多いので数をたくさんこなせるのでその分経験も積むことが出来ます。学校で学んだことが、実践に生かしやすいですね。実際に働いているプランナーさんが講師として教えてくれたりするので、プロの技術を目の前で見ることが出来ます。技術だけでなく、現場の生の声が聞けるというのは学生にとってはとても貴重な機会ですよね。パタンナーを目指すなら専門学校が1番の近道ですよ!

服飾の専門学校の選び方はどのような進路先があるかどうかを確認する必要があります。また、教育方針や教授群もチェックしていくことが大切です。