NISAを活用して信用取引?NISAとは一体何?

NISAとは一体何か

NISAという言葉をよく耳にするようになったものの、その実体を掴んでいない人も多いでしょう。NISAとは少額投資を行う個人にとって有用な仕組みであり、少額投資非課税制度と呼ばれています。年間の新規に購入する投資商品が120万円までであれば、それによる譲渡益や配当金などが非課税にできるのが特徴です。最長で5年間まで適用できるため、節税をしながら効率的に稼ぐことができるのがNISAを活用するメリットでしょう。

NISAで始める信用取引?

NISAを利用して信用取引を始めようと考える人もいるでしょう。しかし、信用取引では証券会社からお金や株式を借りるという方法を取ります。そのときに担保を出さなければなりませんが、NISAの株式は信用取引における担保として認められません。そのため、NISA口座を作ってそのもので信用取引を行うことはできないのが事実です。しかし、別に口座を作って信用取引を行うことはできるので並行して行っていくことはできます。

NISAと信用取引でリスク分散

NISA口座を作って投資を行うのは税制から考えると有利な方法です。信用取引はできませんが、現物の株式取引や投資信託などはできるため、両者を併用してリスク分散を行っていくと良いでしょう。信用取引を利用して買いと売りをうまく駆使して大きな儲けを狙いつつ、NISA口座の方で着実に少しずつ増やしていくという戦略が取れるでしょう。うまく口座を使い分けて投資の戦略を練るとリスクを減らしながら大きく稼げる可能性が見出だせます。

株式の信用取引の金利についての詳しい情報は証券会社のHPや金融情報サイトに詳しく掲載されています。参考にすると良いでしょう。